百合(ユリ)の木の花が咲きました

トピックス

百合(ユリ)の木は、北米原産の落葉樹で、名前は花のかたちが『百合(ユリ)』に似ていることに由来します。
実際の花はチューリップに似ていますが、百合(ユリ)の木が日本にきたころは、チューリップがまだ一般的ではなく、百合(ユリ)の方が馴染みがあることから名付けられたと言われています。
5月から6月に枝先に直径6cmほどで、淡黄緑色の花を咲かせます。
葉は直径約15cmと大きく、そのかたちが半纏(はんてん)に似ていることから別名『ハンテンボク』とも呼ばれています。

撮影日 5月6日

関連記事

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031