日々草(ニチニチソウ)とサルビア

トピックス

猛暑の中、ニチニチソウと真っ赤なサルビアが鮮やかに咲いています。
サルビアの名前は、ラテン語で「健康でよい状態」という意味の「salvas(サルバス)」が由来となっています。
ヘビの噛み傷に効くなど、さまざまな薬効があるとされ、ローマ時代から一部のサルビアが薬草として用いられてきました。
一方、日々草(ニチニチソウ)という名前は、日々絶えることがなく花が咲き続ける様子から付けられたと言われています。
どちらも暑い季節を元気に咲き続ける花です。

撮影日 7月11日

関連記事

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930